FC2ブログ

月桃の冬籠もりその後

  • Day:2020.04.01 09:32
  • Cat:月桃
2020年4月1日です。

昨年から別のツールを日記のように使い始めたので
なんだかブログが後回しになっています。

月桃の記事も冬籠もりをはじめてからご無沙汰でした。
ここで一気に振り返っておきましょう。

1月18日
20200118K.jpg

天気予報は昼までみぞれで昼以降は曇りだったのですが
雪です!

慌てて月桃テントに
ゴミ袋を割いて貼り合わせたカバーを掛けました。

1月27日
20200127K.jpg
夜半はみぞれだったようです。
応急ビニールカバーだったのを補強しておいて良かった。

2月18日
20200218K.jpg
春一番で月桃テントがこんなことに

隙間ができたので久し振りに隙見ング
20200304K (2) 20200304K (3) 
お元気に越冬したようです。
やはりこの冬は暖冬でした。
突然の南岸低気圧は要注意なので
まだこのまま籠もって貰うことにします。

3月14日
20200314K.jpg  20200314K (2)
寒いと思ったら案の定の雪です。
月桃テントには春一番で天井に穴が開いていたので
慌ててビニールを被せました。

3月18日
20200318K (1) 20200318K (5)  
いよいよ不織布がちぎれて飛び始めたので取り外しました。
昨年から延びている茎は18本前後とたいへんお元気です。
用心に骨組みはまだしばらくこのままに

3月29日
20200329K (1) 20200329K (2)  
大雪かみぞれか
きわどいラインでしたが
やはりしっかり雪じゃありませんか。

やはり前日にカバーしておけばよかったと後悔しつつ
雪の中まずはゴミ袋を割いたカバーを屋根程度に被せましたが
あまりの寒さと降り続く雪に
とっておき不織布(マスク用)を被せました。


今日も寒いです。
真冬の空気と暖かい空気と更に初夏の空気がせめぎ合っているそうです。
まだしばらくはこのままかな。

月桃でしめ飾りを作った!

  • Day:2019.12.28 18:50
  • Cat:月桃
12月28日です。

昼前から買い物に行き
縁起物をgetしました。
2020年の干支のネズミと紙垂を
グルーガンで接着してできあがり。

早速飾りました。
IMG_0091.jpg

綯うことから初めて作ったので
うれしさもひとしお。
関東は1月7日でお飾りを仕舞ってしまうので
飾っておけるのは10日だけですが
楽しかったぁ。

gofficeさんとの出会いに感謝です。

月桃から綯った縄でしめ飾りを作ってみる

  • Day:2019.12.28 00:06
  • Cat:月桃
12月27日です。
横浜で育てて11年になる月桃の茎から綯った縄で
しめ縄を作ります。

前回はここまで
http://sanninsagaribana.blog.fc2.com/blog-category-2.html

12月16日
My月桃は乾燥中
20191216k (1) 20191216k (2) 

gofficeさんで貰った沖縄育ち月桃縄で
縄綯いの練習。
My月桃の縄はやはり短すぎて
しめ縄には量が足らないことを実感。

12月26日

20191226k (2) 20191226k (3) 

沖縄育ち月桃縄を3つ撚り合わせてこの太さにしました。
手芸店で水引と葉っぱを購入。さてどうアレンジしましょう。

20191226k (1)
My月桃は細く短いのを活かすべく
稲穂に似せてみようかと思います。
水に浸して準備中。

12月27日
赤く染まっていた月桃の実を捨てられてしまって
千両で代用しようかと思っていましたが
大掃除で棚の奥を整理していたら
20191227k (1)
いつ買ったのか忘れましたが
月桃の実の付いた枝を発掘!!

20191227k (2)
お正月飾りなので彩色します。

20191227k (3)

葉っぱは二枚接着して月桃の葉に模してカット。

20191227k (4)
更に細く割いて稲穂っぽくします。

20191227k (9)
今日は大掃除で買い物に行けなかったのでここまで。
明日は縁起物を買って仕上げることにします。

20191227k (10)
My月桃縄が余ったので
伊豆別宅用に小さいのも作ってみました。
年明けになりますが一瞬でも飾ろう。








月桃の茎で縄を綯うために

  • Day:2019.12.12 23:19
  • Cat:月桃
2019年12月12日です。

以前から月桃で籠を作るworkshopに興味がありました。
https://ameblo.jp/ryuyomitan2014/
りゅうのブログ

https://ameblo.jp/ryuyomitan2014/entry-12528372273.html?frm=theme
月桃かご編み講座

月桃でこんな美しい籠が編めるなんて。
でも4ヶ月続けて豊見城へ通うのは難しい。
いや、行けないことはないけど。

今季冬籠もりの前に月桃の茎を刈ることにして
まず自分でできるか試してみようとあちこちググりまくりました。
するとなんと横浜で月桃かご編みworkshop発見。

https://goffice.exblog.jp/
Goffice

メールで問い合わせると
体験という形で紐作りと縄綯いを教えていただけることになりました。

20191208k.jpg

持参したMy月桃の茎。
20191212k (1) 20191212k (2) 

葉肉を削ぐところから教えて貰います。
自宅でスプーンでやってみたけどまったく歯が立たなかったのが
20191212k (3) 20191212k (4)  

計量スプーンがだと削ぎやすい。
葉肉を削ぐと月桃の香りが立ちます。

20191212k (5)
削いだ月桃の茎は乾燥させてからでないと縄にはできないので
沖縄から取り寄せているという下準備した乾燥月桃を
水に浸して用意してくれていました。

20191212k (9)
縄を綯うのは初めてです。
webで図解されているのは見ましたが
やはり実演して貰って、真似て、修正して貰わないと
わたしにはまったく無理だったことでしょう。

初めてにしては上手!
と褒めていただき
ますますやる気満々です。

20191212k (6) 20191212k (7)  
お茶をいただきながら
月桃を始め沖縄の植物の話や
やんばるの話、公設市場の話など
とても楽しく過ごさせていただきました。

すっかり月桃かごの写真を撮り忘れていました。
ほんとうに美しいので
是非、GofficeさんのブログやInstagramで見てください。

さて帰宅後
20191212k (10)
自宅の計量スプーンで残りの茎を削ぐことにしたのですが
うまくいきません。
我が家の計量スプーンが薄くて軽くて(安物なので)だめなのか。

20191212k (12)
代わりにいい感じで使えたのが
もんじゃの小さなへらでした。
こんなところで役に立つなんて。

20191212k (13)

茎が細くて葉肉を削いだあとでくるんと丸まってしまうので
先に割いてから乾燥させることにします。
本日はここまで。

今回は
自分で育てた月桃から作るというのがテーマでもあり
この量(および茎の長さ)では籠を作るのは難しいので
まずは縄綯いの練習
そしてできた縄でしめ飾りを作ろうと思っています。
できるかな。



2019月桃冬支度へ

  • Day:2019.12.11 21:14
  • Cat:月桃
2019年12月11日です。
開花以来月桃の登場がありませんでしたが
複数輪開花し実も赤く色づきました。

20191130k (2)

12月3日
20191203k.jpg

12月4日
週末に寒波という予報だったので
冬籠もりの準備を始めました。
20191204k (2)
根元のさつきを剪定し
今年花を咲かせた茎を刈り取ります。
毎年どの茎に花芽が付くのかわからなかったので
すべての茎を冬越しさせ
春に葉の枯れ始めた茎を切っていましたが

今季
前年に伸びた茎に目印を付けて越冬させ
その茎に花芽が付くことを確認したので
今回は冬越し前に花を咲かせ終わった茎を刈ってみます。
育ちすぎで全部テントに収りそうにないし
根詰まりも気になるし
刈った茎でしてみたいこともあるのです。

20191204k (1) 20191204k (3)
こういうことになりました。

12月6日です。
20191206k (1)
不織布でテントを作りました。
手伝ってくれる人を待っていられなかったので
合わせ目がぐだぐだですが

20191206k (2)
翌朝は横浜で初雪(みぞれ)の観測があった寒い日だったので
よかったです。
これからしばらくまた暖かいらしいけど
このまま籠もって貰いましょう。

20191208k.jpg
さて、これで。
できるかな。